こぼればえ①

2019.11.22

手前味噌の話からで恐縮ですが、私が小学校六年生の頃、もう卒業を意識する年明けの一番寒い時期から、教室の片隅に日本水仙やフリージアが小さな白い花瓶に活けて置かれるようになりました。落ち着きを失いはじめた雰囲気の中、教室の初春の陽だまりに清らかな香りと凛と咲く花に気持ちを和ませてくれる事を、私たちは子供ごころにも感じました。

でも誰がいつ飾ってくれているのか、皆知りませんでした。

少し経って、実は一人のクラスの女の子が皆の登校する前に花束を持って来て、花が枯れてしまう前に取り替えている事が分かりました。伝え聞くに「もうすぐみんなや教室と別れの時が来る。みんなに少しでも喜んでもらって明るく過ごしたい」という気持ちで普段目立たない子がこっそりと、ひっそりと花を飾ってくれていたのでした。ガサツな私は何故だかその時とても感激したのを思い出しました。

「気づかれなくても、さり気ない気持ちの表現」は、それからの私の大切な美しさの基準になりました。そんなこころもちでこのサイトをはじめてみました。

TOPICS

このページのトップへ