「お正月、ちょっと贅沢に漆器に花餅を飾ってみた」

蓋付龍花文蒔絵聞香炉

お正月ちょっと贅沢に、花餅を飾ってみる
今年もよい1年でありますよう、願いも込めて

香道で香木を焚く聞香炉のようで漆器のものは少ないようです。
蓋付なのですが真ん中に摘みではなく穴があいているので不思議です。
金と銀の蒔絵で龍と花が楽しそうに描かれています。

2019年11月 9 stories掲載品

この商品はアンティーク品です。
経年による傷やさび、汚れなどがございます。予めご了承ください。
品 名 蓋付龍花文蒔絵聞香炉
産 地 日本
年 代 明治初期頃
サイズ Φ(直径)約6.5cm x H(高さ)約6.5cm
重 量 約104g
2019.11.14現在

80,000円(税込)

15,000円以上の購入で送料無料

RECOMMEND アンティーク

RECOMMEND 現代作家作品

このページのトップへ