「とんがり帽子ののっぽ瓶」

白磁蓋物

とんがり帽子をかぶったのっぽ瓶は、
我が家の万能入れ物
帽子を外した時、「何が出てくるかな」
なんてついわくわくしてしまいます

 

やわらかな白磁の蓋物です。
とんがり帽子のような蓋がチャームポイントです。
日本で昭和30年代に作られていたもので元々は輸出用として
作られたとも、軟膏瓶として使用されていたとも聞いています。

高さ11cmほどのものであれば蓋が閉まる様子なので、
袋のままお菓子を入れてみたり、小さな日用雑貨品を入れてみても
中身が見えずすっきりとした収納ができそうです。
表にシールを貼っていたような日焼けあとがうっすらと残っており、
以前の持ち主さまも目印としてラベルを貼り、生活の中で使用されて
いた様子です。

2020年9月 9stories掲載品

 

※現状お渡しとなりますので状態をお確かめの上、ご検討ください
※この商品はアンティーク品です
 経年による傷や汚れなどがございます。予めご了承ください。

※写真はイメージになります。
 本品以外は販売の対象ではありませんのでご注意ください。
品 名 白磁蓋物
産 地 日本
年 代 昭和30年代頃
サイズ W(幅) 最大約8.5cm
H(高さ)   約15cm
    蓋のみ 約6cm
    蓋を外した時 約10cm
D(奥行)   最大約8.5cm

Φ開口部付近 約8.5cm
Φ口径    約7cm
Φ底面    約8.5cm
重 量 約141.5g
2020.09.01現在

5,000円(税込)

15,000円以上の購入で送料無料

RECOMMEND アンティーク

RECOMMEND 現代作家作品

このページのトップへ