「掛けたり、置いたり、それに草花を差してみたり」

木製火薬入れ

水を入れることはできませんが、そっと草花を挿してみたくなります

火縄銃に火薬を入れる際に使用した火薬入れ。
先端部分は失われていますが、ゆるくカーブしているフォルムは
火薬を加減して入れられるように工夫したと思われます。
底面も堅くはりついて開けることが出来ません。
今はおだやかにオブジェとしてお使いください。
下部に損傷部分があります。
(底面を開ける為の部品が付けられていたのかもしれません)

2019年11月 9 stories掲載品

この商品はアンティーク品です。
経年による傷、汚れなどがございます。予めご了承ください。
品 名 木製火薬入れ
産 地 日本
年 代 安土桃山~江戸時代
サイズ W(幅)約4.5cm x H(高さ)約22cm x D(奥行)約8.5cm
重 量 約195g
2019.11.14現在

20,000円(税込)

15,000円以上の購入で送料無料

RECOMMEND アンティーク

RECOMMEND 現代作家作品

このページのトップへ